RFIDシステム活用で棚卸業務効率化│ アパレル向け在庫・販売・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」

資料請求
お問合せ
0120-356-932
10:00~12:00/13:00~17:30(土日祝日を除く)

RFID活用RFID活用

RFIDを活用することによって棚卸業務効率化を実現。
従来のバーコードとは異なり、一度に広範囲を読み取ることができたり複数タグ情報を一括で読み取れるなど、RFIDを導入することによって棚卸、在庫、移動の管理を大幅に効率化することができます。

アパレル・ファッション業界向けRFID活用システムで棚卸業務効率化

中堅・中小企業様でも、RFIDの活用事例が急速に増えています。RFIDのタグ自体の単価が下がっていることも追い風となり、以前よりもRFIDの活用がしやすくなりました。

株式会社ゲストリスト様 RFID導入効果

RFIDの特徴・従来のバーコード活用との違い

1.一度に読み取れる範囲が広い

バーコードの場合、情報を読み取れる距離までバーコードリーダーを近付ける必要がありますが、RFIDは電波を使うため、読み取れる範囲が広く、また読み取れる方向にも自由が効きます。

RFIDの活用

2.複数タグの情報を一括で読み取れる

商品一つ一つの情報を読み取っていくバーコードと違い、RFIDでは読み取り範囲内にある複数タグの情報を一括で読み取ることが可能です。梱包内の商品や重なり合った商品も識別することが可能です。

RFIDの活用

3.登録できる情報量が多い

標準の13桁のバーコードの場合、商品情報を管理しているのは3~5桁に過ぎず、記録できる情報量は限られます。一方、RFIDの場合、半導体のチップ内にデータを記録することで、多くの情報量を持たせることが可能です。

4.データの書き込みが可能

バーコードは一度印刷すると、その後データを書き換えることができませんが、RFIDはチップ内のデータを電波を使って情報を書き換えることが可能です。

RFIDの活用事例

1.工場出荷での活用事例

従来の出荷作業は、完成した商品に下げ札をつけ、1商品ずつ手作業で検品後に梱包。その後伝票に中の出荷情報を手書きしパッキンに貼るという流れですが、現在は商品にRFタグをつけてハンディターミナルをかざせば読み取った商品出荷情報を印字した伝票が自動で発行。
その伝票をパッキンに貼れば出荷できるため、作業がスムーズに行えます。

RFIDの活用

2.倉庫入荷での活用事例

従来の倉庫入荷でも1商品ずつ手作業で検品をしていましたが、ハンディターミナルをかざすだけで、入荷データが「アラジンオフィス」と連携するため効率化を図れます。買い付け商品は倉庫でRFラベルを発行し、下げ札に貼り付けます。

RFIDの活用

RFIDについて

RFIDとは、RFタグに埋め込まれた微少なチップ内にあるデータを、電波や電磁波によって非接触で読み書きすることで、人やモノを識別・管理する仕組みのことをいいます。RFタグはICタグ、無線タグ、RFIDタグ等、呼ばれ方は様々で、形状もラベル型、コイン型、円筒型、カード型など様々あります。

RFIDは初め、欧米を中心に商業活用が研究されてきましたが、当初のRFタグはサイズが大きく価格も割高であったため、一部業界(FA分野など)でのみ活用されていました。2000年代に入ってからようやく日本でも経済産業省、農林水産省、国土交通省を中心としたRFタグの実証実験が開始されるなど、RFIDの普及が徐々に広まってきており、今ではRFタグの単価も安価になってきたことで、RFIDの活用が各業界で注目されています。

RFIDの種類

RFIDの種類

資料請求・お問合せ

  • お電話での資料請求・お問合せ

    0120-356-932

    10:00~12:00 / 13:00~17:30
    (土日祝日を除く)

  • Webからの資料請求・お問合せ

RFIDシステム活用で棚卸業務効率化│ファッション業界向け販売・在庫・店舗管理システム「アラジンオフィス for fashion」
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・
生産管理システムをご提供しています。在庫管理販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。
お客様のご要望によって必要な在庫管理販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。