在庫管理について│在庫管理パッケージソフト

資料請求
お問合せ
0120-356-932
10:00~12:00/13:00~17:30(土日祝日を除く)

在庫管理について

在庫管理の基本について。在庫管理をするにあたって、押さえておきたいポイントや、各在庫管理方法の特徴やメリット・デメリットについてご紹介します。

在庫管理について

在庫管理について

在庫管理とは?

在庫管理とは、状況に合わせて商品(製品)の在庫品の数量を適切になるように管理することを指し、企業にとって重要な要素の一つです。在庫管理をすることによって、実店舗やECサイト・ネットショップなどにおける店舗や倉庫での商品(製品)の在庫切れが起こるリスクや、逆に大量の在庫を抱えてしまうことによる多額の出費を防ぐことができます。適切な在庫管理を行わないと機会損失がうまれる恐れや、逆に無駄なコストや時間を費やすことになってしまうので、自社に合った適切な在庫管理を行うことが重要になります。

在庫管理の基本

在庫管理を行うにはさまざまな方法があります。Excelを使って在庫管理を行ったり、市販の在庫管理ソフトを購入したり、自社の業務内容に合わせてカスタマイズした在庫管理システムを導入したり、など。どの方法においてもメリット・デメリットがありますが、適切な在庫管理を行うために、適切な在庫管理を行うためにどの方法が自社の運用に合っているのか、見極めることが大切です。リアルタイムに適切な在庫管理を行うことで、定期的に発生する棚卸業務においても必ず役立ちます。

  • Excelでの在庫管理
  • 市販ソフトでの在庫管理
  • 在庫管理システムでの在庫管理

在庫管理の目的

在庫の過不足によって企業の資金は大きく変動します。在庫を抱え過ぎてもコストがかかり、在庫が不足しても機会損失へと繋がってくるため、バランスを見て適切な在庫管理を行うことが必要不可欠です。卸・小売業では商品(製品)数を数えれば把握することができますが、製造業では製品を製造するため、「部品」「原料・材料」や「半製品」といった在庫もでてきます。在庫管理は業種や業態によって種類も異なり、商品(製品)や業務フローによって管理方法も変わってくるため、企業に合わせた在庫管理をする必要があります。

在庫管理システムの活用

在庫管理システムは、在庫の過不足をなくすために在庫情報や入出庫情報などを入力し、正確な情報を把握・管理するためのシステムです。
在庫管理をする商品(製品)数が多い、在庫管理をする人数が複数人存在し、各在庫情報の共有がうまくできていない、といったお悩みも在庫管理システムを活用することで解決できます。各業種・業態の商習慣にのっとった企業ごとの業務フローに合わせて、適切な在庫管理を確実に行うことで、棚卸業務などをはじめとしたあらゆる業務の効率化に繋がります。

在庫管理システムについて

在庫管理システムについて

在庫管理システムの種類

「在庫管理システム」と一口に言っても、在庫管理システムにはさまざまな種類が存在します。
家電量販店で手に入れることのできる、市販の在庫管理ソフトから、大手向けの在庫管理パッケージなど。
市販の在庫管理ソフトはシンプルなものが多く、機能は最小限で決められた機能構成となっていますが、低コストで比較的導入がしやすいといえます。
大手向け在庫管理パッケージは、標準機能が多く高機能ではありますが、市販の在庫管理ソフトと比較するとコストが高く、機能が多すぎるため逆に全てを活用しきれないといったケースも考えられます。
また、在庫管理システムの中でもクラウド型、パッケージ型、オンプレミス型など、導入形態も異なります。利便性を重視するのか、コストを重視するのか、在庫管理システムを導入する際には各企業によって重視する項目も異なってくるかと思いますが、どのシステムを選んでもメリット・デメリットがあるので、慎重に選ぶことが大切です。

在庫管理システム導入のメリット

在庫管理をする必要のある商品が増え、規模が大きくなるにつれExcelでの管理には限界があります。
属人化していたり、アナログになってしまっていた部分をシステム化することによって、作業時間の短縮、業務効率化につながります。
在庫管理をするためには、倉庫費や保管費、配送費、人件費など多くの費用がかかります。そういった在庫管理をするための費用=在庫管理費は、在庫金額の15~25%くらいになるといわれていますが、在庫管理システムを導入することによってそのようなコストを削減することにもつながります。
例えば棚卸作業をする際、在庫管理システムとハンディターミナルを連携・活用することによってバーコードを読み取るだけで見間違いや書き間違い、入力間違いなど、人的ミスをなくすことができます。現在の在庫数・在庫状況を把握できるだけでなく、出荷状況も把握することができるため、リアルタイムに在庫状況を可視化することが可能になり、適正な在庫を把握することができます。
在庫管理システムを選定する際には、機能やコスト面だけでなく、自社に合った運用ができるのか、どのような活用事例や導入事例があるのかなども事前に確認しておくと、導入後のイメージも湧きやすいでしょう。

在庫管理パッケージソフトの関連リンク

資料請求・お問合せ

  • お電話での資料請求・お問合せ

    0120-356-932

    10:00~12:00 / 13:00~17:30
    (土日祝日を除く)

  • Webからの資料請求・お問合せ

資料請求・お問合せ

  • お電話での資料請求・お問合せ

    0120-356-932

    10:00~12:00 / 13:00~17:30
    (土日祝日を除く)

  • Webからの資料請求・お問合せ

在庫管理の基本について│在庫管理システムのアラジンオフィス
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。