生産管理とは?導入のポイントや目的・業務内容 | 「アラジンオフィス」

資料請求
お問合せ
0120-356-932
10:00~12:00/13:00~17:30(土日祝日を除く)

生産管理システム
とは

生産管理の基本について。生産管理をするにあたって、押さえておきたいポイントや、生産管理の目的、生産管理業務、生産管理システム活用ついてご紹介します。

生産管理について

生産管理について

生産管理とは?

生産管理とは、各製品の市場の需要予測をして生産計画に基づいて製品の製造の管理を行うことで、製造業において必要不可欠な業務の一つです。製品を生産し完成させるには、部品や材料などがが必要となり、一製品が完成するまでに何工程もかかる場合があります。
生産管理では、実際にモノが完成するまで、生産計画や、必要材料の手配・在庫管理、工程指示・工程進捗管理、製造指示、製造実績管理など、各工程に合わせた指示や管理が欠かせません。製造業では、需要と供給のバランスを見極め、生産管理を行うことにより企業にとって最大限の利益を確保すべく自社に合った適切な生産管理を行うことが重要になります。

生産管理の目的

生産管理を行う最大の目的は、「生産活動を行うことで企業が安定・継続的に、収益をあげること」です。
どのような製品を生産するかによって、生産管理の工程やプロセスも大きく変動します。各部門において、それぞれの業務・作業を停滞させることなく、安定して確実に進められるように管理を行うことが生産管理の目的です。製造業においては「QCD=品質・コスト・納期」という考え方があり、これら3つの要素を維持・向上させることを目標にしている企業が多くありますが、生産管理を確実にすることで生産性向上につながり、目標達成へと導きます。

生産管理システムとは

生産管理を行うことは、製造業において必要不可欠な業務の一つです。その業務を効率化するために生産管理システムがあります。生産管理システムとは、製造業などの企業が各製品を製造・生産するにあたって、実際にモノが完成するまでの納期や、生産計画、必要材料の手配・在庫管理、工程指示・工程進捗管理、製造指示、製造実績管理などができる、業務効率化を行うためのものです。生産管理を行う方法としては他にもExcelや、統合的に管理が行えるERPなどもありますが、生産管理業務において課題を持っている企業であれば、専用の生産管理システムを導入することが望ましいです。
また、製造業の中には、生産管理に特化した専用システムは導入していなくても、販売管理システムは導入しているという企業も多くあります。販売管理システムとは、見積業務や受注業務から出荷業務、売上業務、請求・入金業務、在庫管理、購買業務、発注業務から入荷業務、仕入業務、支払業務など、販売業務の一連の流れを管理し、業務を効率化するためのシステムです。製造業といっても、自社工場を持ち合わせている製造業から、製品の中でも一部のみ製造を行っている企業、最近ではファブレス経営(工場を所有せず製造業として活動を行う)企業も数多く存在します。製造業の中でも業務形態によっては、上記のような販売管理システムにオプションとして生産管理機能を加える形で導入できる場合もあります。

例えばねじ製造業の企業では、生産管理システムを導入したことによって、製品の納期遅れが大幅に削減された、というシステム導入効果がありました。ねじの製造業の特性にあった生産管理システムを導入することで、現場のものづくりにマッチした“精度の高い生産管理”を実現でき、結果として納期管理レベルが大きく工場し、顧客への納期提示にブレがなくなったとのこと導入事例もあります。生産管理システムの中でも、自社の業務形態・課題に合わせて選択することが大切です。

生産管理業務とは

生産管理の業務内容は多岐に渡ります。製造業の中でもさまざまな職種がありますが、生産管理業務はその中でも複雑で、企業規模によっても大きく異なります。多くの企業が「生産管理部」という生産管理業務を専門で行う部門が設置されていることがほとんどです。市場の需要予測を行うところから始まり、経営計画に基づいてどの製品をどれくらい製造・出荷・販売するかの生産計画や、生産の段取り、受注してからの納期回答、品質管理、各材料や部品などの資材調達、生産状況の進捗管理、原価管理、など、どんな製品をどれくらいの量で生産するかによっても工程が変わってきます。

生産管理の課題・難しさ

生産管理業務では、製品(商品)によって特徴や特性があるように、それぞれ課題も異なります。

需要予測

正確な需要予測をすることができなければ、機会損失につながり売上が減少してしまったり、逆に在庫過多によって管理費が想定以上にかかってしまったりするため、企業の収益を最大化させるために必要不可欠なものですが、傾向をきちんと把握していないと正確な需要予測をすることは難しいとされています。

進捗管理

生産管理をするにあたって、各製品での進捗管理は重要です。複数部品が集まった製品では、それぞれの工程において進捗の遅れが発生すると全体的なスケジュールも遅延する恐れがあります。生産管理システムではそういった進捗管理を行うため、製造指示(予定)と製造実績(実績)に基づいて工程進捗を管理でき、ガントチャートで視覚的に判断することができます。

上記2点においてご紹介しましたが、お客様の状況によってさまざまな課題やお悩みを耳にします。
自社独自の管理方法では限界があるため、生産管理ソフトや生産管理システムを導入することで解決する場合があります。多くのシステムがある中で、どの機能が優れているのか、自社に合っているのかを見極めたうえで導入することが大切です。

生産管理システムの活用

このように、生産管理業務は多岐に渡るため、そこで活用されているのが生産管理システムです。日本においては地域として製造業が盛んな地域も多数ありますが、生産管理業務において属人化している企業も少なくありませんでした。製造業の企業が安定・継続的に収益をあげるために、生産管理の複雑な業務を生産管理システムが支えます。
生産管理システムでは、手作業やExcelなどでは管理しきれない、生産管理に必要不可欠な複雑で細かい機能が備わっており、生産管理システムを導入した方が精度の高い生産管理業務を行うことができ、生産性向上や業務効率化に繋がります。

生産管理システムのメリット

生産管理システムを導入することで、多くのメリットが生まれます。一番のメリットは、業務効率化を実現できることです。細かく見ていくと、製品の生産計画がきっちりと立てられる、製品ごとの工程進捗管理が可能になる・分かりやすく可視化できる、原価管理が可能になる、利益率が改善される、などが挙げられます。生産管理システムを導入することによって、経営層が生産管理業務の状況を把握できるだけでなく、生産現場の負担を軽減できるというメリットも生まれます。価格帯としては、量販店などで購入できる市販ソフトから、基本パッケージをベースに自社の業務に合わせたカスタマイズなどができるシステムも存在します。予算感を押さえることは大切ですが、製造業での業務効率化を実現するために、何に重きを置いてシステム導入を検討するかが大切です。

生産管理システムを導入する際の成功のポイント

生産管理システムのなかでも、価格帯などによってどこまで管理ができるのか、生産管理業務をカバーできるのかが大きく変わってきます。比較的入手しやすい価格帯の生産管理システムでいうと、量販店で販売されている市販ソフトも存在しますが、機能があらかじめ決まっている場合が多く、自社業務に合わせたカスタマイズができないことがほとんどです。そのため、市販ソフトだけで生産管理すべてを行うことができず、Excelや別のシステムもあわせて活用している企業も少なくありません。
生産管理機能を網羅している価格帯の高い生産管理システムになると、パッケージとして生産管理業務をくまなくカバーできるシステムになります。生産管理の専用パッケージとなると、Excelや他のシステムを併用して使う必要がなく生産管理業務を効率化することができますが、ものによってはオーバースペックになってしまったりと、多機能すぎて生産管理を行う現場メンバーが使いこなせないといった弊害が生まれる場合もあります。
また、特殊な製品の製造・加工などを行っている企業においては、自社独自の生産管理を行いたいという要望が出てくることもあります。その場合は自社業務に合わせて、生産管理システムに必要な機能を追加できるカスタマイズなどを行うことで管理を行っていくことになりますが、システムを開発している会社によっては柔軟なカスタマイズができない企業も数多く存在します。

そのため、生産管理システムを導入する際のポイントとしては、「基本的な生産管理機能が備わっていること」はもちろんですが、「自社業務に合わせたカスタマイズを柔軟に行えるか」というところも重要なポイントになってきます。生産管理システムを導入することとなり、価格や機能面などから複数の生産管理システムの比較検討を行う際には、上記で挙げたポイントを押さえることで導入前と導入後のギャップもなく、自社の生産管理業務効率化を実現することができるでしょう。

生産管理業務のある企業様のご要望に合わせてご提案!

株式会社アイルには業界知識・ノウハウを持った担当が多数います。
さまざまな業種・業態において多数の実績を持つアイルだからこそ、お客様のご要望に合わせたご提案が可能です。

お電話での資料請求・お問合せ

0120-356-932
10:00~12:00/13:00~17:30 (土日祝日を除く)

Webからの資料請求・お問合せ

資料請求・お問合せ

生産管理について│販売管理在庫管理生産管理システムのアラジンオフィス
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫管理販売管理生産管理システムをご提供しています。在庫管理販売管理生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理販売管理生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。