楽楽明細 連携│在庫・販売・生産管理システム「アラジンオフィス」

クラウド対応「アラジンオフィス」

クラウド対応

楽楽明細
連携について

Web帳票発行システム「楽楽明細」と販売管理・在庫管理システム「アラジンオフィス」のシステム連携について。請求書等の各種帳票データをアラジンオフィスに連携することが可能です。

Web帳票発行システム 「楽楽明細」について

楽楽明細×アラジンオフィス
  • 請求書や納品書など、
    帳票の印刷や、封入作業が大変

    帳票の印刷や封入作業が大変
  • 請求書や納品書などを印刷する際の紙代や
    発送費、人件費などコストがかかる

    発送費、人件費などコストがかかる
  • 帳票関連業務で効率化はしたいけど、
    複雑なシステムは使いたくない

    複雑なシステムは使いたくない
そのお悩み、楽楽明細が解決します!
楽楽明細

帳票発行業務をもっと楽に

「楽楽明細」は、請求書、納品書、支払明細といった帳票をWebで発行し業務を自動化できるクラウドシステムです。
領収書、検収書など、あらゆる帳票の発行が可能。
帳票データをシステムへ取り込むだけで、発行先に応じて「Web」「メール添付」「郵送」のいずれかの方法を選択することができ、楽楽明細が自動で割り振り発行します。
手作業で行っていた印刷・封入・郵送作業がすべて不要となります。

大幅なコスト削減を実現

紙で発行していた請求書などの帳票をWeb発行に切り替えることで、印刷代・紙代・郵送費など、毎月かかっていた経費を大幅に削減。
紙や手作業での請求書などの帳票発行時と比較すると、コストを3分の1(※)に削減することができます。

月間500件の請求書を郵送からWeb発行に切り替えた場合のシミュレーション数値。
発行件数が多くなればなるほど、コスト削減効果はより大きくなります。

楽楽明細とアラジンオフィスの連携について

販売・在庫管理システム「アラジンオフィス」より出力される請求書や納品書などの各種帳票データ(PDFデータ)を、楽楽明細に連携。
アラジンオフィスから各種帳票データを楽楽明細に自動アップロードすることで請求書、納品書、支払明細、領収書などの帳票をWeb上で作成・発行することが可能です。各種帳票データが電子データとして得意先へ自動送付され、配送状況もWebシステム上にて確認・管理することが可能。

得意先は帳票をWebからダウンロードできたり、帳票発行時の通知メールにも添付可能。利用している側だけでなく、受け取り側(お客様)も郵送と比べて早く受け取れたり、過去の帳票もいつでもWeb上で確認・ダウンロードが可能。
「どうしても紙で送ってほしい」という得意先へは郵送代行サービスのご利用も可能です。

楽楽明細とアラジンオフィスの連携イメージ

販売・在庫管理システム「アラジンオフィス」とWeb帳票発行システム「楽楽明細」、どちらも合わせて導入することで、得意先への各種帳票の送付状況をシステム上で一覧で把握できるようになります。各種帳票をWebシステム化することで、今まで手作業で行っていた印刷・封入・郵送作業がすべて不要になり各種帳票発行の手間をゼロにするだけでなく、印刷代・紙代・郵送費などの毎月必ず発生する経費の大幅削減も実現。
煩雑な事務作業の効率化ができ、生産性向上・働き方改革を後押しします。

楽楽明細とアラジンオフィスの連携 導入事例について

楽楽明細とアラジンオフィス連携事例

結束資材・包装資材卸

株式会社ヤナギダ 様

「アラジンオフィス」と「楽楽明細」の連携で請求書などの郵送業務が半分以下に時間短縮
帳票のデジタル化を契機に、社内外でさらなるデジタル活用を推進

導入背景

2010年に販売・在庫管理パッケージシステム「アラジンオフィス」を導入。当時それぞれ別システムで管理していた購買、在庫、債務管理の一元化に成功。
2019年には、「アラジンオフィス」のバージョンアップと合わせてオプション機能である「生産管理機能」も追加し、同社で一部手掛けている製造業務の効率化を実現した。次なる課題は、請求書や納品書といった帳票の発行・送付だった。

楽楽明細とアラジンオフィス連携事例

これまでは担当者が毎日2時間ほど、約1週間かけて請求書・納品書の郵送業務にあたっていました
本社では担当者が2人と人数が限られているなか、日々の業務もこなしながらの対応になるので、月初はいつも大変でした。

連携開始の決め手

こうした状況を踏まえ、新井氏はアイルの営業担当者に相談。すると「アラジンオフィス」とラクス社の電子請求書発行システム「楽楽明細」の連携提案を受けた。
「アラジンオフィス」で発行している請求書・納品書が「楽楽明細」を通してWeb上で発行・送付できる

業務負荷の軽減ももちろん狙いとしてあったのですが、これが社内外でデジタル化を進めるきっかけになればと考えていました。
今回の動きが成功すれば、当社のお客さまにデジタル化のメリットを感じてもらえ、今後もさまざまなデジタル化へのハードルが下げられますし、社内においても限られたリソースを振り分けしやすくなるのではないかと思いました。

と新井氏は話す。

導入効果

デジタル化がまだ浸透していない業界ということもあり、どれだけの取引先に「楽楽明細」を利用してもらえるかは未知数であった。しかし実際に連携が開始されると、わずか2か月ほどで約1100社の取引先のうち、約半分がWeb上でのやり取りに移行したという。

楽楽明細とアラジンオフィス連携事例

これまで、数時間ずつ1週間かかっていた封入・郵送作業が数時間程度に短縮され、1日で完結できるようになった。通常業務に専念できる時間が増え、取引先が多い支店の担当者からは「月初がこんなに楽になるとは思いませんでした」と効果を実感する声が届いている。新井氏は「帳票がデジタル化されたことで、伝票を紙で印刷することも少なくなりました」と話す。

以前は、「手元にないと不安だ」と紙で伝票を管理している社員も多かったが、連携後は、Web上で場所を選ばず確認でき、紛失のリスクも低いため、ペーパーレスの動きが浸透していった。

楽楽明細とアラジンオフィス連携事例

資料請求・お問合せ

楽楽明細連携について|販売管理在庫管理生産管理システムのアラジンオフィス
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫管理販売管理生産管理システムをご提供しています。在庫管理販売管理生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。テレワーク・在宅勤務にも対応したクラウドでのご提案も可能です。お客様のご要望によって必要な在庫管理販売管理生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。