見積管理機能│プロジェクト管理(原価管理、案件管理、収支管理)システム

資料請求
お問合せ
0120-356-932
10:00~12:00/13:00~17:30(土日祝日を除く)

見積管理機能│
プロジェクト
管理システム

プロジェクト管理(原価管理、案件管理、収支管理)システム「アラジンオフィス」の見積管理機能についてご紹介します。見積機能、見積内訳機能、相見積機能について。

見積管理機能について

プロジェクト管理(原価管理、案件管理、収支管理)システム「アラジンオフィス」の見積管理機能についてご紹介します。

見積機能

見積機能

案件に紐づけた見積も作成可能です。特定の案件でどのような見積を提示しているか抽出できます。

見積明細に小計行の挿入が可能で、小計金額の自動計算や出力が可能です。

見積単位に消費税の算出方法も変更可能です。
明細ごとに消費税計算するか、見積書の合計に消費税計算するか、消費税対象外とするか選択することができます。

利益計算も可能です。見積から受発注同時もしくは受注と手配データへ引き当て可能です。

見積付随情報、備考入力欄が充実しています。

見積に関連するデータを紐づけて管理することができます。
 Ex)たとえば図面データや企画データを紐づけ可能です。

過去に作成した見積や類似見積のデータ、見積基本データのコピー(複写)が可能です。

見積内訳機能

見積内訳機能

見積は通常の入力に加え、鑑と内訳の入力も可能です。
『○○一式』という鑑の入力と、一式の内訳を登録可能。
 Ex)「機器一式」という鑑に対して、それを構成する内訳の部品や作業明細の入力が可能です。

通常の見積書と鑑となる一式見積書、鑑の構成となる内訳書が出力可能です。
※得意先様へは一式見積書のみの出力、一式と内訳書両方の出力が可能です。

内訳の入力は予め登録した構成マスタ(BOMデータ)からも展開可能です。
また、展開した構成マスタからの取捨選択や、構成マスタを使用せず手入力することもできます。

相見積機能

相見積機能

同一商品を複数の仕入先へ見積依頼(相見積)をすることが可能です。相見積の見積依頼書も発行できます。
相見積後、仕入先からきた回答単価を原価単価として採用することが可能です。

資料請求・お問合せ

  • お電話での資料請求・お問合せ

    0120-356-932

    10:00~12:00 / 13:00~17:30
    (土日祝日を除く)

  • Webからの資料請求・お問合せ

資料請求・お問合せ

  • お電話での資料請求・お問合せ

    0120-356-932

    10:00~12:00 / 13:00~17:30
    (土日祝日を除く)

  • Webからの資料請求・お問合せ

見積管理:プロジェクト管理(原価管理、案件管理、収支管理)システム|販売管理・在庫管理・生産管理システムのアラジンオフィス
5000社のユーザー様に直接販売から運用、保守までを一貫して行っているアイルの豊富な知識とノウハウから生まれた、在庫・販売・生産管理システムをご提供しています。在庫管理販売管理・生産管理に必要な機能をコンパクトにまとめたシステムとなっております。お客様のご要望によって必要な在庫管理販売管理・生産管理の機能をカスタマイズで加えることも可能です。